ログをエクスポートしました。
クエストを開始します。
……今日は普通の雨のようだ。
[雨に紛れる]を覚えました。
……。
誰かが、此処で集めた傘のようだ。
[傘を差す]を覚えました。
ロザーリオ : 傘を差す

どの本を読もうか。
本棚だ。何か読もうか……。
どんな本と入れ替えようか。
ロザーリオが[『実践 詩歌の書き方』]を入力しました
『『実践 詩歌の書き方』』と入れ替えた。

フライデー : うわっ
ロザーリオ : っと
フライデー : ……傘を差しているな・・・・
ロザーリオ : なんです、幽霊にでも会ったような驚き方をして……フフ
フライデー : なんでもない。さっき青羽でお前の話が出てたぞ
ロザーリオ : フフ、覚えていて下さったんです?
ロザーリオ : おや。悪い事をしたから怒られでもしていました?
フライデー : ……悪いことをしたのか? 別にそんな話題ではなかったが。
フライデー : ぼくは移動中なので。それじゃ。
ロザーリオ : なんだ。なら良いかな。お咎め無しなら戻ろうか。フフ、それではまた
ロザーリオ : 傘を差す
ロザーリオは[傘を差している]でなくなった
誰かが、此処で集めた傘のようだ。
[傘を差す]を忘れました。
ロザーリオ : (傘立てへと傘を放った)
メル・ルーナ : あ……、(玄関口の方を見て)
∞ : ……おや。しまったな。縄の準備がまだだ。
ジル : あ
メル・ルーナ : ロザーリオさん、おかえり、なさい……
ジル : おしゃれかめん
ロザーリオ : 何です?戻りましたよ
メル・ルーナ : 縄……?
リュカ : あ、嘘つきセンセ。
∞ : リュカがお前の首に縄を付けて散歩をしたいと。
リュカ : 一働き。私言ったものね。
ジル : (はじめましての人が来たのでふーどを被り)
メル・ルーナ : ああ……(先ほどロザーリオが言っていた話がこれかと)
ロザーリオ : フフ、そうなると首が落ちるかもしれないな。フフ、初見の方の居る前で見苦しい所をお見せしましたね。
ジル : はじめましてなの~
ジル : じるじるはジルなの。よろしくなの~
リュカ : あ、そっか。話したこと無いと言ってたものね。よかったじゃない。すぐに機会に恵まれて。
ジル : うわさをすればかげなの
ロザーリオ : (隣の方へと目線を移した。話題を逸らした……)ロザーリオと申します。お見知り置き頂ければ。見た目からしてベルと仲良しの?
ジル : べるべるとはふたごなの なかよち♡なの
ジル : ろざーりおおにーさん♥
メル・ルーナ : (そうだったかなあ……、そうかも……と少し首を傾げた)
ロザーリオ : よく似ていますから、思わず間違えてしまいそうでした。道理でよく似ている。フフ、ですが見分け方もすぐにわかりましたよ
ジル : みわけかた?
ジル : じるじるの方がかわいいってこと?
ロザーリオ : 髪の分け目です。左右逆にしているでしょう?ああでもこれを根拠にしていたら入れ替わられた時に困るな
ロザーリオ : フフ、ではジルの方が可愛いという事にしておきましょうか
フォローしました。
リュカ : うーん、自己肯定が高い……。ルーナも少し分けてもらったら。
メル・ルーナ : えっ……
∞ : 何、瞳を見れば判別はつくだろう。
メル・ルーナ : む、難しい、かと……
ジル : たしかにそう わ~いなの💕
ジル : (きゅるん)
メル・ルーナ : 見分け方……、あ、あとは、ラッパを持ってるかどうか、ですかね……
ロザーリオ : 持ち替えられたら、その時は見分けがつかなくなりませんか?
ジル : らっぱっぱ~
メル・ルーナ : あっ……、確かに、そうですね……
ジルからフォローされました。
リュカ : 体格はよく似ているようだけれど、目の色は違うの?
ジル : おめめのいろがはんたいなの~
ロザーリオ : フフ、色まではわかりませんしね。
∞ : ああ。煌めきも少しばかり違うか。
メル・ルーナ : あっ、そっか……、リュカさんは、見えない……
ロザーリオ : 双子で入れ替わってみるならリュカは格好の標的かもしれませんよ
リュカ : 反対かあ。お腹の中でお互いに交換したのかな。
ジル : ……
ジル : しょうかも
リュカ : そうだねえ、魔力感知が駄目な時に見分けろと言われたら無理だな。
ジル : (こんどやってみようかなの顔)
メル・ルーナ : じ、ジルさんが、何だか、悪い顔、してる……?
リュカ : (楽しげなのに首を小さく傾げて)
ジル : (すん)
メル・ルーナ : き、気のせい……?
ロザーリオ : (戻ったな……という顔をしている)
∞ : フフ……。
ジル : きのせいなの じるじるはとてもいいこなの
メル・ルーナ : そ、そう、ですか……はい……
ロザーリオ : 気のせいという事にしておくのがよろしいかと。
ジル : きゅん💕
メル・ルーナ : じゃ、じゃあ……そういうことに、しておき、ます……
∞ : (傍らのリュカを見た。立ったままだな…という目。)
リュカ : 処世術ってやつかもね。
ジル : いきるためにこびをうるの~♥
ロザーリオ : フフ、処世術は大切ですよね。時に逃げることも必要ですし。
メル・ルーナ : そ、そうですね……
リュカ : 次は逃さないけれどね。君で起動するトラップでも作っておこうかな。
ロザーリオ : 絞首刑にでもします?
メル・ルーナ : そ、そんな器用なこと、出来るん、ですか……?
リュカ : そこまで大人しく運ばれる性格もしてなさそうだけど。
メル・ルーナ : えと、絞首刑……は、流石に、冗談、ですよね……?
ジル : ぎゅち
リュカ : 1から作るのは無理かな。さすがに。細かくものを認識してるわけじゃないからさ。
リュカ : ただ、頭のなかの設計図を伝えることはできるからさ。機工士がいれば難しくはない。
リュカ : 期待しててもいいよ?ロザーリオ?
ロザーリオ : 痛くしないでくださいね?
∞ : フフ。さて、どちらが上手となるか。
リュカ : それはロザーリオセンセの態度次第。まあ、今日のところは寝かせてあげるけどさ。次の機会には一働きしてもらうよ。
ロザーリオ : ならそれまで逃避行だな
リュカ : この街の賞金首にしてやろうかな。
メル・ルーナ : えと……、と、遠くまで行ったのに、逃げられなくて、なんか、す、すみません……
ロザーリオ : そうなったら顔を変えないとならないな
リュカ : フライデーに頼むかい?ちょうどさっきもそんな話をしていたけれど。
ロザーリオ : フフ、構いませんよ。事件現場に戻りたくなるのが犯人の常ですから。それに引っ掛かっただけです
ロザーリオ : おや、フライデーが?
メル・ルーナ : そ、そうですか……(少し安堵したように)
リュカ : そうそう。
∞ : ああ、美容系の医術者であるようで。
リュカ : イメチェンの話の流れからね、彼の本職の話に。
メル・ルーナ : あ……、フライデーさん、本業って、そういう……
リュカ : なんだっけ、目元を切ってどうにかするとかなんとか。でもお洒落に関してはなんでもござれらしいよ。
∞ : 装飾品から髪型までも様々な技を持つらしい。フフ。肌の色さえも変えられるのであったか。
ロザーリオ : へえ、良いですね。顔が嫌いになった時は変えて貰いましょうかね
メル・ルーナ : あ、だから、フライデーさん、肌の色……
メル・ルーナ : て、てっきり、そういう、種族の方かと……
リュカ : 肌の色?
∞ : 勿体ないな。その顔をそっくり残して貰えれば寂しくもならないだろうが。クク。
ロザーリオ : 紫なんです。目立つのですぐにわかりますが、貴方は見えないんでしたね
リュカ : 紫。それはすごい。
∞ : ああ。アレは生まれ持ったものでは無く後に自ら変えたらしい。
ロザーリオ : フフ、あっさり信じるんですね。先ほど嘘を吐かれたばかりだというのに
ジル : しょうだったの ずいぶん綺麗な色だとおもったの
メル・ルーナ : はあ……、す、すごい技術ですね……
リュカ : ルーナっていう嘘発見器があるからねえ。
リュカ : 「肌の色」「種族」なら白やら褐色やらの一般的な範疇とは外れてるわけだ。
ロザーリオ : どうかな。共謀して嘘を吐いてる可能性も無くはありませんよ?
メル・ルーナ : えっ……
リュカ : そして紫と君が言っても何かしらの反応も示さなかった。……ふふ、ルーナがこの一瞬で君と共謀する、なんてことをやってのけるなら、相当優秀な役者になれるよ。
ロザーリオ : 依頼の最中に、そう共謀したという線も。無くはありませんよ
メル・ルーナ : えっと……
リュカ : 私を騙すために?ルーナに利点がなさすぎるじゃない。
∞ : (言い合う二人と戸惑うメルを笑みを浮かべたまま眺めている。)
リュカ : それこそ、君が楽しむためのやったとしか思えないよねえ。ふふ。

ロザーリオ : フフ、メルは私の弱みを知ってるんです、脅して協力させるくらいは訳ないかもしれませんよ?

メル・ルーナ : えっ……!?

リュカ : おや、意外そうな声。

メル・ルーナ : あっ、い、いえ、えっと……(おろおろしている。助けを求めるように楽しむラシュサハを見た)

ロザーリオ : 困った口をしている。
メル・ルーナ : す、すみません……
∞ : おや。どうかしたかなルーナ。何か言いたいことがあれば言うと良い。
ジル : めるおにーさんあわあわなの

メル・ルーナ : あ、うう……、こ、この場合、どうしたら、いいかと……

リュカ : 君は私の味方だよねえ、ルーナ?
ロザーリオ : 玩具にし過ぎましたね。すみません。フフ
リュカ : 目の見えない私を騙そうとする悪い大人の味方なんてしないだろう?

ロザーリオ : リュカには謝りませんがね。ま、アレだけサービスしてあげたんです。駄賃だと思ってくださいな

メル・ルーナ : あ、えと、はい……。こ、今回は、リュカさんの、味方……で……
メル・ルーナ : す、すみません……
ロザーリオ : 次は味方になってください?
リュカ : 嬉しいなあ、好きだよルーナ。
∞ : クク。人気者だな?ルーナ。
ジル : もてもてなの
メル・ルーナ : ひえ……、で、出来れば、次が、ないと、嬉しいですが……
リュカ : 種明かしもされてないのに、「釣り合わない」よ。ロザーリオ。(横の男の語彙を真似した)
ロザーリオ : ありますよ。おそらくは。フフ
メル・ルーナ : あ、ありますかあ……
∞ : ほう。それは是非確かめてみたいものだが。
ロザーリオ : 困ったな。すっかり味方の居ない場所に迷い込んでしまったと見える(わざとらしく芝居がかった動きで)(立ち上がり)
ロザーリオ : (傘を掴んで立ち去った。同じ手は三流役者)
誰かが、此処で集めた傘のようだ。
[傘を差す]を覚えました。
メル・ルーナ : あ……、
ロザーリオ : 傘を差す
ロザーリオは[傘を差している]になった