ラシュサハさんといっしょ

アルマ
「劇の邪魔をして回っている、なんて、
 変な人も居たものよね。」
ロザーリオ : そうですね。妙な依頼かと
∞ : フム。余程その劇が気に入らないらしい。
その依頼、受けるの?
ロザーリオが[受ける]を選択しました
アルマ
「……そう、じゃあ、これは剥がして、と。」
アルマ
「劇をやっている場所は分かる?
 広場を通ってこっちに―――。」
ロザーリオ : 場所自体は一応わかるかと、ご丁寧にありがとうございます
なんとか地図を覚える。
準備が出来たら出発しよう。
∞ : さて。迷わないよう祈るとしよう。フフ。…では往くか。
ロザーリオ : ええ、行きますか
舞台役者
「ああ、ああ、よく来てくれた」
∞ : (到着すれば場内を見渡しつつ) ここで正解らしい。
ロザーリオ : 間違うことも無く来れましたね。どうも
舞台役者
「私が君たちに依頼をした者だ。
 依頼内容を改めて説明する必要はあるかい?」
ロザーリオ : 念のため聞いておきましょうか。細部の行き違いがあってはいけませんから
∞ : ああ。依頼書には目を通していたが、一応な。
∞が[はい]を選択しました
舞台役者
「少し前からね、劇の途中になると
 必ずよく分からない男が乱入してくるようになったんだ。」
舞台役者
「だから、君たち冒険者に
 僕たち役者の代わりに舞台に立って貰って、
 その男が出て来たら捕まえて欲しい、という依頼だね。」
ロザーリオ : …………
∞ : フム。さてここで一つ言っておかねばならないことがあるな。
ロザーリオ : 何か懸念でも?
∞ : 私は舞台の経験は無い!
ロザーリオ : フフ、あの街の大半の御方がそうでしょうよ
∞ : 気合でなんとかせねばならんな。お前はどうだ?ロザーリオ。
ロザーリオ : ご想像にお任せします。舞台に登れば自ずと答えはわかるでしょう
∞ : ほう。それは楽しみだな。もしかすると熱心なファンになってしまうかも知れん。フフフ。
ロザーリオ : では他にライバルが居るか確認してあげましょうか?
ロザーリオが[お客さんも居る?]を選択しました
舞台役者
「困ったことに、練習の舞台には、彼、現れないんだよね。」
舞台役者
「だけど今日の観客は子供達にお願いしているから
 台詞を忘れて多少適当にアドリブを入れても
 きっと楽しく見てくれると思うよ。」
………それでいいのだろうか。
∞ : なるほど。子らが客と。
ロザーリオ : 小さな観客ばかりなようで。然程演技の実力は気になさらずとも大丈夫かと
∞ : それは助かる。…ああ、どのような演目であるかを聞いていなかったな。私が出来そうなものであればいいが。
∞が[演目は?]を選択しました
舞台役者
「有名どころという事で『ロミオとジュリエット』だ。
 全く知らない話だと、台詞とかを今から覚えないとだろうしね。」
∞ : ………………………。
∞ : ?
ロザーリオ : ご存じですか?
∞ : いや、知らないな。
ロザーリオ : フフ、私はある程度知っています。楽な方の役を譲りましょう。
∞ : おや、そうか。ではその言葉に甘えることとしよう。
舞台役者
「彼を捕まえてくれれば
 あとは僕たちが変わるから、
 最初から最後まで演じてくれる必要はないよ。」
舞台役者
「ああ、誰がロミオ役で、
 誰がジュリエット役か、は決めておいてね。」
ロザーリオ : 後は、男に心当たりがあるかどうか、でしょうか。何者か見当がついているかどうかは重要でしょう
ロザーリオが[男に心当たりは?]を選択しました
舞台役者
「お恥ずかしながら、多分僕たちの知り合いだね。」
∞ : おや。
ロザーリオ : お知り合いでしたか
舞台役者
「ちょっと前にクビになった役者が居るんだ。
 そいつが嫌がらせをしている、ん、だと思う。」
∞ : ハッハッハ!!なるほどな。
舞台役者
「仮面をつけているから確かめようもないけどね。
 クビになるような、困った奴だったから。」
ロザーリオ : 振る舞いでわかる部分も多いですし、あながち間違いじゃなさそうですけどね。当たっている事を祈りましょう
∞ : 捕まえ、問いただせば良いだけのこと。
ロザーリオ : 聞きたいのはこれくらいですかね。
∞ : さて、他は特に聞くことも無いか。
ロザーリオが[聞く事は無い]を選択しました
舞台役者
「そうか、それじゃあ頼んだよ。」
舞台役者
「ロミオ役とジュリエット役を決めたら、僕に知らせてくれ。」
*まずは配役を決定しよう!
∞ : フム。ロミオとジュリエット……
ロザーリオ : さて、簡単な役をと言いましたが。女性のジュリエットを任せる事になってしまうな。
∞ : ハッハッハ!!この図体で女性の役柄か。
ロザーリオ : 案外気にならない物かもしれませんよ。立ち居、振る舞い、そしてセリフが舞台を作るのですから
∞ : ほう。私はあまり劇に詳しくはないが、確かにそういったものであるのは理解できるな。
∞ : お前は心得があるようだ。私も先生と呼んだ方が?
ロザーリオ : お好きになさっていただければ。フフ、それに舞台の上ではロミオとお呼びください。
あなた(イベント起動者)がロミオを担当しますか?
ロザーリオが[はい]を選択しました
ロザーリオ
「僕がロミオだ」
*まずは配役を決定しよう!
∞ : では私はジュリエット、か。知らぬ女に成り替わるのは初めてだが、努めるとしよう。
あなた(イベント起動者)がジュリエットを担当しますか?
∞が[はい]を選択しました

「私がジュリエットを引き受けましょう。」
舞台の台本が置かれている、確認しておこう。
……。
…………。
………………………。
台本を読んだ!
*判定がどの程度成功するかを設定します、よくわからない場合はデフォルトに設定して下さい。
∞ : フム……(台本を確認している。)
ロザーリオ : どうです?覚えられそうで?
∞ : ある程度は。全ては流石にな。
∞ : まあ忘れてしまった時は気合でどうにか凌ぐとしよう!!ハッハッハッハ!!
ロザーリオ : ええ。それで構いませんよ。私も忘れてしまった時にはどうにかしましょう。フフ
拍手の音と共に、幕が上がる。
キャプレット家とモンタギュー家は古くから犬猿の仲。
そんな二つの家に生まれた『ロミオ』と『ジュリエット』は、
お互いの身分を知らぬまま恋に落ちてしまう。
∞ : (内心、状況をとても面白がっているようだ。口角が上がりそうになっている。)
後になってそれを知ったロミオとジュリエット、
しかし、恋の炎は既にそれぞれの身体を焼いていた。
ロミオは、キャプレット家へと忍び込み。
ジュリエットは、誰も居ないベランダで、
星へ向け、自分の思いを口にする。

―――さてさて、二人の恋の行方は。

ああ!
台詞、覚えてる?(ロミオ)
目標値:8 <= 3d + メモライズ
達成値:4([2,1,1])
判定に失敗しました
ロザーリオ : おやおや
まずい、台詞を覚えていない!!
ここはアドリブでなんとかするしかない!!!
ロザーリオが[風の悪戯、或いは貴女を思う者、ああ、もっと教えて下さいな。]を入力しました
ロザーリオ
風の悪戯、或いは貴女を思う者、ああ、もっと教えて下さいな。
台詞、覚えてる?(ジュリエット)
目標値:8 <= 3d + メモライズ
達成値:9([5,2,2])
判定に成功しました
∞ : こうだろう?

おお、ロミオ、ロミオ!
あなたはどうしてロミオなの?
∞ : (ベランダにいるせいで余計に高い。流石に声も変えられないのでかなり圧のある台詞と化しているが。)

お父様に背き、その名を捨てておくれ、
それが出来ないのなら、せめて私に愛の誓いを。
ロザーリオ : (案外響く声だな、と考えている。素人にしては良く出来る……と感心している。そのせいでセリフは適当になったのだが……ちゃんと覚えろよ……)
∞ : (ゆったりとした動き。差し伸ばす手や指先は流れる様に。本人なりに演技に尽力しているようだ。)

そうしてくれたのなら、
私はもうキャプレットではない。
ロザーリオ
ああ、このまま聞いていていいのだろうか。
それとも僕の方から声をかけるべきか。
ロミオが悩んでいるうちに、ジュリエットはさらに続けます。
台詞、覚えてる?(ジュリエット)
目標値:10 <= 3d + メモライズ
達成値:13([6,2,5])
判定に成功しました
∞ : こうだろう?

私の敵はあなたの名前だけ。
モンタギューでなくとも、あなたはやはりあなただもの。
∞ : (台詞を続ける。今のところ忘れはしないようだった。)

薔薇の花を別の名で呼んだとしても、
甘い香りは失せはしないわ。
ロザーリオ : (案外上手いな……と感心してみせて。先ほどの失態を挽回せねばならない)

ロミオとて同じこと、ロミオと呼ばれなくとも、
その完全無欠のお人柄は名前を離れて残るものを。

そして、その名の代わりに、受けておくれ、
私の、この身の全てを。
いよいよ辛抱ならなくなったロミオは、
声をあげ、ジュリエットに応えます。
台詞、覚えてる?(ロミオ)
目標値:10 <= 3d + メモライズ
達成値:8([2,2,4])
判定に失敗しました
ロザーリオ : おやおや
まずい、台詞を覚えていない!!
ここはアドリブでなんとかするしかない!!!
ロザーリオが[お受けしましょう、そしてただ一言、僕を恋人とお呼びください。]を入力しました
ロザーリオ
お受けしましょう、そしてただ一言、僕を恋人とお呼びください。
台詞、覚えてる?(ジュリエット)
目標値:10 <= 3d + メモライズ
達成値:9([5,2,2])
判定に失敗しました
∞ : おっと。
まずい、台詞を覚えていない!!
ここはアドリブでなんとかするしかない!!!
ロザーリオ : (簡単とは言ったが随分劇の流れを変えてしまったな……これは返し難いかも)
∞が[ああロミオ。星も霞むほどに輝く人。私と共に在ってくれるのならば、私も残るあなたの全てを受けましょう。]を入力しました

ああロミオ。星も霞むほどに輝く人。私と共に在ってくれるのならば、私も残るあなたの全てを受けましょう。
台詞、覚えてる?(ロミオ)
目標値:8 <= 3d + メモライズ
ロザーリオ : (さて、どう返したものだったかな。前のセリフが違うのだけはわかるが……)
達成値:10([4,2,4])
判定に成功しました
ロザーリオ : 造作もない
ロザーリオ
名前を聞かれても答える名前を持ちません。
僕は僕の名前が一番憎い。

ロザーリオ : (フフ、軌道修正してやりますか。どうせなら困らせてやった方が面白い)
ロザーリオ
優しきあなたには、それが敵なのだから。
紙に書かれたものなら、引き裂いてしまいたい。
台詞、覚えてる?(ジュリエット)
目標値:8 <= 3d + メモライズ
∞ : (覚えていないので適当に言葉を連ねたが、向こうが軌道修正を図ったと分かれば考えて。さて続きはどうだったか…。)
達成値:10([2,2,6])
判定に成功しました
∞ : こうだろう?

この耳は、その舌の送ってよこす言葉を
まだ百と飲み干していない。

でも、わかります、あなたはロミオでは?
モンタギューの。
ロザーリオ
そのどちらでもない、君が望むなら。

∞ : (あ。思い出した。という風に──顔には出さなかったが。上手くやり過ごした。)
ロザーリオ : (なんだ、上手くやったな……と内心舌打ちした)

どうしてここまで?何のために?
庭の石垣は高く、容易く登れないはず。

誰かに見つかり、ご身分が知れれば、
即ち命を失う事になるというのに。
台詞、覚えてる?(ロミオ)
目標値:8 <= 3d + メモライズ
達成値:8([2,4,2])
判定に成功しました
ロザーリオ : 造作もない
ロザーリオ
恋の翼を借りて、その石垣を飛び越えて参りました。

ロザーリオ
石の衝立で恋は遮れぬ。
恋の為し得る事なら、恋はなんでも叶えましょう。
石垣、見張り、そんなものは物の数ではない。
そうして、二人は、夜のささいな悪戯によって
お互いの気持ちを知り、恋人同士になる。
やがて、街から遠く離れた教会で、
密やかに結婚式を挙げる二人。
教会の司祭は、二人が結ばれる事で、
仲違えする二つの家が結ばれればと願ったのだ。

―――しかし
………突然の乱入者。

どうやらこの男が、舞台を邪魔している犯人のようだ。
ロザーリオ : おやおや。
∞ : ──おっと。
ロザーリオ
我々の愛の前に

どんな障害が立ち塞がっても!
ロザーリオ : (ノリでセリフを続けた。こういうのはノリ)
ナレーター
「ああ、なんという事でしょう、
 怪人ティボルトが二人の結婚式を
 邪魔しようと乗り込んできました!」
ナレーター
「さぁ皆さん、舞台のロミオとジュリエットを応援しましょう
 
 せーの!!!」
子供たち
「「「がんばぇーーーー!!ロミオとジュリエット---!!!」」」
ロザーリオ : 頑張りましょうか。それじゃ
∞ : ハッハッハッハ!!!あしまった普通に笑ってしまった。
いつからヒーローショーになったのだろうか。

半分呆れつつ、あなたは武器を構えた。
Round 1
ロザーリオ : それもそれなりにはお似合いですよ。
∞ : フフ。お前はどちらも似合いだな。では…
∞ : いざ!!
ロザーリオ : ええ
ロザーリオは移動した。
ロザーリオは[2,3]へ移動した。
∞は移動した。
∞は[2,3]へ移動した。
元劇団員の男は移動した。
元劇団員の男は[4,3]へ移動した。
ロザーリオは移動した。
ロザーリオは[4,3]へ移動した。
∞は移動した。
∞は[4,3]へ移動した。
ロザーリオ : レイスラスト
ロザーリオは[4,3]へ移動した。
∞ : 今ここに。 目覚め、満ちよ!
∞はWillを使用した!
ロザーリオは[ブレッシング]になった
ロザーリオ : チェインスラスト
ロザーリオはWillを使用した!
元劇団員の男は防御した。
消費SPを-2修整した。  
消費APを-2修整した。  
ロザーリオは[4,3]へ移動した。
元劇団員の男は[重傷]になった
ロザーリオ : チェインスラスト
ロザーリオはWillを使用した!
消費SPを-2修整した。  
消費APを-2修整した。  
ロザーリオは[4,3]へ移動した。
元劇団員の男は[気絶]になった
Round 2
ナレーター
「愛の力で見事怪人ティボルトを倒した二人」
ロザーリオ : フフ、造作もない……
∞ : ハッハッハ!!相変わらず輝かしい一閃だとも。
ナレーター
「しかし、ロミオにはティボルト殺害の疑惑がかけられ―――」
∞ : 星が霞むほどにな?クク…
ロザーリオ : 勿体無いお言葉で……
どうやら劇は、無事に続いていくようだ。
あなた達は―――。
ロザーリオが[このまま劇を続ける]を選択しました
劇団員
「何?折角ここまでやったから続けたいって?
 ………ふふ、いいよ、演じる楽しさが
 ちょっとでも伝わっているなら何よりだ。」
ロザーリオ : フフ、折角ですからね。ラシュサハがどうするのか少し見てみたくなりました
∞ : ほう?なんだファンにでもなってくれたか?ククク。
ロザーリオ : 時折セリフを失念してしまう程度には。フフ……
ティボルトを殺した罪で追放されてしまうロミオ。
哀しみに暮れるジュリエットに、
パリスという男との縁談が持ち込まれます。
自分が生涯愛するは一人、と、
縁談を無かったことにしようとするジュリエット。
もはや他に手段はない、と、仮死の毒を飲みます。
この毒は、しばらく眠り、やがて目が覚める、そういう毒。
ああ、しかし、なんということでしょう。
ロミオにその計画が伝わる前に、
ロミオにジュリエットが死んだという知らせが届いてしまうのです。
ジュリエットの死をこの目で確かめ、そこで死のうと駆け付けるロミオ
彼を阻もうとするパリスを倒して、今、彼女の前へ―――。
台詞、覚えてる?(ロミオ)
目標値:8 <= 3d + メモライズ
達成値:8([1,3,4])
判定に成功しました
ロザーリオ : 造作もない
ロザーリオ
ああ、ジュリエット、僕の愛しい妻。
お前の命を奪った死神も、
この美しさには手が出せないと見える。

ロザーリオ
君はまだ美しいままだ。
唇にも頬にも、まだ美の旗印が赤々と揺らめいている。
それもそのはず、ジュリエットは、
今まさに目覚めようとしているのだから。
しかしロミオは、毒薬を取り出して。
台詞、覚えてる?(ロミオ)
目標値:8 <= 3d + メモライズ
達成値:12([5,4,3])
判定に成功しました
ロザーリオ : 造作もない
ロザーリオ
ジュリエット、僕はいつまでも君の傍にいるよ。
決してこの薄暗い宮殿を出ない。
君の侍女の、蛆虫と共に。

ロザーリオ
眼よ、これが見納めだぞ
腕よ、最後の抱擁を

ロザーリオ
唇よ、おお、命の息の扉、
死神と口づけし、無期限の契約を交わすがいい。
ロザーリオ
飲みにくい案内人!
さぁ、僕をジュリエットのところへ案内しておくれ。
そういって、ロミオは毒薬を一気に飲み干し、
ジュリエットの側へ倒れました。
しばらくして、ジュリエットは目覚めます。
彼女はまっさきにロミオを探し、
傍らに倒れるロミオを見つけて―――。
台詞、覚えてる?(ジュリエット)
目標値:8 <= 3d + メモライズ
達成値:9([1,4,4])
判定に成功しました
∞ : こうだろう?

ああ、これは一体どういうことなの?

これは杯、どうしてこれが愛する人の手に?
ああ、そうだわ、きっとこれで毒薬を飲み干して。

なんてひどいの、みんな飲み干してしまうなんて。
私が追いかける分を、一滴も残して下さらなかったの?
∞ : (僅かに震えたような声だ。)

では、その唇に口づけを、
まだ毒が残っているかもしれない。
口づけをしても、温いばかり。
一向に死ぬ気配はありません。
やがて騒ぎを聞きつけたのか、人の気配も近寄って来て。
ロザーリオ : (非常に冷たかったかもしれないし、わからなかったかもしれない)
∞ : (語り部の言葉とは裏腹に、その口付けに温もりなどは無かった。どちらにも。)
台詞、覚えてる?(ジュリエット)
目標値:8 <= 3d + メモライズ
達成値:8([3,3,2])
判定に成功しました
∞ : こうだろう?

あ、あの声は、早くしなければ

ああ、幸いここに短剣が。
この身体をお前の鞘に―――。

どうか、私を死なせておくれ―――。
∞ : (薄く笑った。演技では無かった。)
こうして、二人の恋物語は幕を閉じることになりました。
しかし、二人の純粋な気持ちは、
モンタギューとキャプレットの心を動かし、
ようやく二人の家は手を取って歩き出しました。
∞ : (倒れ込む際、舞台に長い金と黒の髪が広がった。)
二人の哀れな若者の死をもって、
ようやく二つの家は争いをやめる事ができたのです。
哀れな物語はこの世にいくらでもあるでしょう。
でも、ロミオとジュリエットの恋物語ほど、
痛ましい物語は、他にないと言われています。
劇を終え、日の落ちた街を歩く。
ロザーリオ : しかし案外上手かったですね。つまらないほどに。
∞ : おや。そうだったか。何、試練には全力で挑む性質でな。
ロザーリオ : もう少し狼狽えて頂けるものかと思っておりましたので
∞ : フフ。私のそのような姿が見たいか?
ロザーリオ : 興味のある方の姿はどんなものであれ、見てみたいものでしょう?
∞ : やはり気が合うな。私もお前の狼狽えた姿を見てみたいとは思うが、さて。
ロザーリオ : その時が来るのは何時になりますやら。フフ……
ロミオとジュリエットは、
些細なすれ違いの果てに、
悲劇的な結末を迎えてしまった。
しかしそれは、劇の中の二人の話。
あなたたちの未来は、どうなっていくのだろうか。
∞ : フフ、互いにな?

それはまだ、誰にも分からないことだ。
ロザーリオ : お疲れ様でした
∞ : さて、次の冒険だ!
[報酬袋] を手に入れた。